自然素材で作る青森の健康住宅日野建ホーム株式会社

お問い合わせはこちら

TEL 017-723-6161

Q&A-よくある質問-

家づくりの進め方について

土地探しも、してもらえますか?

土地をお探しの方の相談やお手伝いをしております。

理想の土地を探すには、建築知識と経験がある住宅会社と一緒に土地探しをすることをおすすめしております。 土地探しはスピードが勝負です。気に入った土地が見つかりました場合は、すぐにご連絡ください。その土地にどういった建物が建つか配置計画を提案致します。どんなことでも、わからない事はご相談ください。

住宅ローンの相談に乗ってもらえますか?

もちろんです。土地の購入から建築にかかる全ての費用を算出し、負担のないご返済計画を提案します。また、お客様のご要望に応じて銀行手続きの際の同行も行います。

自己資金(頭金)は、いくらぐらい用意すれば良いでしょうか?

住宅ローンをご利用の場合、自己資金はゼロでも家づくりは可能です。家づくりの予算が自分たちにとって無理のない金額なのかが重要です。

相談をしたり、プランを描いてもらうのもお金がかかりますか?

ご相談や土地探し、一回目のプランや見積りは無料になっています。

お金はいつからかかるのでしょうか?

一回目のプランから数回打合せをさせていただきます。その後、今後も「日野建ホームと打合せを進めたい」と思われるようであれば、設計申込みが必要となります。
設計申込金は、建築費用へ充当させて頂きます。その後キャンセルされた場合でも、地盤調査費などを実費精算させていただき残金はお返しいたします。

しつこい営業はないですか?

私たちは、お客様のマイホーム計画のお手伝いをすることが仕事だと考えておりますので、お客様が望まない営業はしていません。
モデルハウスやイベントにお越しいただいた際に、お客様のご希望がある場合のみ、月に1、2回、見学会やイベントの情報を郵送でお届けしています(ご希望されないときにはお送りしません)。
相談をしたいと思ったときは、ご来場いただくか電話やメールでご連絡いただけると嬉しいです。

「坪単価」とは、どういうものですか?

あてにならぬ坪単価…

あてにならぬ坪単価と言われるように、坪単価を見ただけではその会社が高いか安いかを判断することはできません。 そもそも坪単価表示に決まりはありません。住宅会社によって坪単価表示に含んでいる工事金額の内容が異なっています。
広告などに「坪○○円」とか書いてあるのを見て、額面通りだと思っていたら後からどんどんオプションが必要になり、結果的に予算オーバーしてしまったというような話を耳にされた方もいらっしゃることと思います。
単純に比較がしにくく、後で追加費用が発生する場合が多くあるのが坪単価です。そこでまずは、建築費以外にどんな費用がかかるのかを知っておく必要があります。 当社では、ご相談をいただいた際、まずはじめに資金計画を行い総予算をご提示させていただいております。

設計・施工について

施工エリアはありますか?

青森市・弘前市を拠点として、施工後のアフターメンテナンスを考え、車で60分以内に行ける現場を中心に施工いたしております。
その他、地域でも実績がございます。都度スタッフにお気軽にご相談ください。

着工から完成まではどのくらいの期間がかかりますか?

設計プランによって差はありますが、基礎工事からお引渡しまで約4カ月かかります。
内装を漆喰で塗る為、一般の住宅メーカーの工期より少し時間をいただきます。

どんなデザインでも建てることが出来ますか?

日野建ホームでは、これまで自然素材を使ってぬくもりと手づくり感を大切にたくさんのテイストの住まいをつくってきました。
お気に入りの写真や好きな雑誌の切り抜きなどをお見せいただければ出来る限りイメージを合わせることが可能になります。何でもイメージはご相談ください。

今使っている照明やドアを使ったり、自分で購入したパーツを使ってもらうことはできますか?

もちろん可能です。思い入れのあるモノは次の住まいに活かしましょう。そのようなことに対応できるのも私たち地域工務店の魅力です。
また、現在はネットの時代ですから、照明器具などはインターネットを通じて購入し持ち込まれるお客様もいらっしゃいます。時にはそれがコストダウンにつながることもあります。 その材料が本当に、適材適所のものなのか、まずはご相談ください。

工法・性能について

結露しませんか?

ふつうに生活される分には結露はありません。
その部屋の面積に対しての湿気(例えば洗濯物の干し過ぎ)が多すぎて飽和状態になったときなどは窓にうっすら結露するぐらいです。

漆喰が汚れたら?メンテナンスが大変なのでは?

自然素材だからメンテナンスが大変では?と誤解されがちですが、汚れた場合の処置や欠けた場合の補修など、ビニルクロスなどの化学石油製品と比べるとお客様にとってメンテナンスがとても容易な点も、漆喰塗りにして良かったと喜ばれている一因です。
ちょっとした汚れは消しゴムで消すか、カッターナイフで削って消します。汚れた部分を紙やすりで削ってもOKです。これらはお客様自身で手入れすることが可能です。

漆喰の色は白だけですか?

漆喰自体の色は純白以外にありません。色はベンガラ、黄土等を使って付けることができます。 しかし、現場で混ぜて調色しますので、数年後、万が一のメンテナンス時に同じ色を作り出すのが難しいです。なるべく白をお薦めしております。

漆喰と珪藻土の違いは?

漆喰と珪藻土の大きな違いは、漆喰はそれ自体が固まる性質や抗菌性を持っているのに対し、珪藻土にはその性質が無く、仕上材に使用するためには、固化材(接着剤)や防カビ材などの補助的物質が必要になってくる点です。
そこで問題なのがその寿命や安全性です。固化材が劣化すれば珪藻土はバラバラになってしまう可能性があり、防カビ材など配合物質がシックハウスの原因になる可能性もあるということです。 珪藻土を使用する場合はこの点に注意する必要があります。