017-723-6161

〒038-0012
青森県青森市柳川1丁目2-62

メガメニュー を開く

Q&Aーよくある質問Q and A

家づくりの流れ

  • STEP1 相談/ヒアリング

    モデルハウスやイベントへのご来場、ホームページ上のお問い合わせフォームやお電話などどのような形でも結構です。

    土地をお探しや、建替え等お住まいのことであればお気軽にご相談ください。

    具体的な計画・ご予算等のお話をお伺いし、私たちの家づくりに対する考え方や標準仕様などのお話をさせていただきます。

  • STEP2 資金計画/ラフプラン スケジュール提案

    家づくりでは、家にかかる総予算を掴んでおくことが大切です。

    ヒアリング内容より建物や土地、ローンの諸費用などすべてを含めた資金計画書をご提案します。

    必要に応じてラフプラン図も作図します。

    建物にいくらかけて、土地はどのぐらいの価格や大きさのところを探せばいいのかもはっきりわかります。

    また、いつまでに住みたいというご要望に対してはスケジュールも提案させていただきます。

  • STEP3 土地探し

    全体的な総予算をご確認いただけましたら土地探しのお手伝いをします。

    家づくりを検討されているお客様の半数以上は土地探しからのお客様です。私達は家づくりのプロの目線でお客様のご希望をしっかりお聞きし、理想の住まい方が出来るお家が建てられるよう、土地探しから一緒にお手伝いさせていただいております。

    当社が土地探しからお手伝いするメリットとしては「住宅施工をする会社が土地を見極める」という点です。

    お客様のご要望に合わせて建築を進めていく知識、経験等のノウハウを持っていますので、ご要望が叶う土地なのか、ご予算に合わせて建築ができるのか等、様々な視点、角度から土地を見定めて検討地を探し出し、お客様のご要望に近い土地を探していきます。

    日野建ホームは宅地建物取引業免許を登録し、経験豊富な不動産の有資格者もおりますので、安心してお任せください。

  • STEP4 敷地調査

    当社の住まいづくりへのご理解と資金計画、スケジュール確認をしていただきましたら、設計申込みをしていただきます。

    プランにしっかり反映できるようご計画予定の土地の敷地調査を行い、建築地に関わる様々な条件、法律などをチェックしてご報告します。

  • STEP6 最終確認/ご契約

    仕様、金額、スケジュールなどすべてをご納得いただいた上で、「工事請負契約」を締結します。

    ここからいよいよ家づくりの本番がスタートします。

  • STEP7 着工~完成

    基礎工事、大工工事、左官工事など着工からお引渡しまでは約4ヶ月かかります。

    これから住まわれるお客様にとって最大の安全と安心をご提供するために、建築途中にはお客様との現場立ち会い確認を行います。

    また、株式会社 日本住宅保証検査機構による各種検査や社内検査、性能測定の後にお引渡しとなります。

  • STEP8 お引き渡し アフターメンテナンス

    お引き渡し後は、ご新居での新しい生活のスタートです!日野建ホームとの新たなお付き合いもスタートします。

    OB施主様を対象にした「親子工作教室」や「住まいのお手入れ教室」などの楽しいイベントも毎年開催しております。

    不具合やメンテナンスは、定期点検訪問時にお伝えいただく、又はいつでもご連絡ください。迅速に対応させていただきます。

  • 小さい子供がいて打合せがゆっくりできないのではと心配なのですが。

    出来るだけお客様にご負担の少ないようお手伝いさせて頂きます。

    当社では、お子様が楽しみながら過ごして頂けるキッズコーナーもご用意しておりますので、安心してお越しください。

    また、オンラインでのご相談やも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

自然素材

性能・構造

  • 断熱性能UA値(外皮平均熱貫流率)はどのくらいですか?

    全棟において断熱性能の高さ(UA値)​​​​​​を数値で証明し

    お引渡しさせて頂いております。

    日野建ホームは35年前に「高断熱、高気密住宅」を導入。

    以来、寒冷地青森で手掛けてきた住宅は1,200棟以上。

    長年の実績とノウハウに裏付けされた高性能な住まいをご提供し続けています。

    2021年度の平均UA値(HINOKENSTYLE)

    ※上記の数値よりも高い性能の住宅もご提案可能ですので是非ご相談ください。

    UA値(外皮平均熱貫流率)とは?

    外皮平均熱貫流率(UA値)は、住宅の室内から、「床(基礎)・壁(外壁)・天井(屋根)・開口部(窓)」などを通して、外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した数値です。

    外皮平均熱貫流率(UA値)=熱損失量(w/k)÷外皮面積(㎡)

    数値が小さい=熱の逃げる量が少ない、省エネルギー性の高い家となります。

    ※住宅の間取り、大きさ、形状、窓の多さなどによって数値は変動します。

  • 気密性能C値(相当隙間面積)はどのくらいですか?

    全棟において気密性能の高さ(C値)​​​​​​を数値で証明し

    お引渡しさせて頂いております。

    北国青森での長年の経験からも、断熱性能と同じくらい気密性はとても重要であると考えております。

    日野建ホームでは26年前より全棟気密測定を実施し、その性能の高さを実証し続けてまいりました。

    気密性能は主に現場の施工技術によって左右されるため、職人と協力し合い高いレベルで気密性を追求し続けております。

    2021年度の平均C値(HINOKENSTYLE)

    C値(相当隙間面積)とは?

    住宅に空いた隙間がどれくらいあるかを表した値で、この値が気密性の高さを示すものになります。

    つまり、家の中からどれくらい空気が漏れるのかを表すのがC値であり、

    この値が低ければ低いほど高気密であると言えます。

    住宅全体すき間の合計面積(単位㎠)/延べ床面積(単位㎡)

    気密性が悪いと・・・

    ①夏場は熱気が住まいに入ってきて、冷房のつめたい空気が外に逃げます。

    ②冬場は冷気が住まいに入ってきて、暖房のあったかい空気が外に逃げます。

    ③温度差のある空気が行き来しやすいので、壁の内側等に結露が発生し、そこから壁紙にカビが出来てしまったり、内側の木材の腐食が発生してしまう恐れがあります。

    どんなに断熱性能の高い材料や高性能な冷暖房機器等を使っても、冷暖房の効きが悪く、光熱費が多くかかってしまったり、快適な室内環境を保つことが出来なくなってしまいます。

  • 工法は何ですか?

    構造材には高い強度を持つ国産無垢材を採用し

    日本古来からある伝統の工法、木造軸組み工法(在来工法)で建築しています。

  • どんなデザインでも建てることが出来ますか?

    日野建ホームでは、これまで自然素材を使ってぬくもりと手づくり感を大切にたくさんのテイストの住まいをつくってきました。
    お気に入りの写真や好きな雑誌の切り抜きなどをお見せいただければ出来る限りイメージを合わせることが可能になります。何でもご相談ください。

商品・施工

  • 着工から完成までどのくらの期間がかかりますか?

    建物の大きさや仕様などにもよりますが、基礎着工からおおよそ4ヶ月程度で完工お引渡しとなります。

    お住まい時期などのご希望があればご相談ください。

  • 今使っているものや自分で購入した照明器具やパーツを使ってもらうことはできますか?

    もちろん可能です。思い入れのあるモノは次の住まいに活かしましょう。そのようなことに対応できるのも私たち地域工務店の魅力です。
    また、現在はネットの時代ですから、照明器具などはインターネットを通じて購入し持ち込まれるお客様もいらっしゃいます。時にはそれがコストダウンにつながることもあります。 その材料が本当に、適材適所のものなのか、まずはご相談ください。

他社との違い

日野建ホームについて

  • 新築もリフォームも検討しているのですが相談可能でしょうか?

    新築、リノベーション(リフォーム)それぞれの専門スタッフがおりますのでご安心ください。

    お客様の要望やご予算をお聞きし、お客様に理想に合う住まい方をご提案させて頂きます。

    お悩みの方は、まずは一度ご相談下さい。

  • 施工エリアはありますか?

    青森市・弘前市を拠点として、施工後のアフターメンテナンスを考え、車で60分以内に行ける現場を中心に施工いたしております。

    その他、地域でも実績がございます。都度スタッフにお気軽にご相談ください。

CONTACT

家づくりについてのご相談・お問い合わせは
こちらからどうぞ!

017-723-6161
メールでのお問い合わせ

このページの先頭にもどる